'."\n" ?> 大人服もミシンで| 手芸ナビ
トップ 手芸ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

手芸ナビミシンで作ろう > 大人服もミシンで

大人服もミシンで

大人服もミシンでの画像

ミシン縫いで作るのは、赤ちゃんグッズや子供服ばかりではありません。お母さんやお父さんが着る大人服だって、ミシンがあれば簡単に作れてしまいます。「自分で作った服なんて、恥ずかしくて外に着ていけない」などと思わず、ちょっとそこまでのお買い物や、休日のお出掛けまでぜひ活用してみましょう。

手作りの大人服の定番と言えば、やはりワンピースです。ワンピースは作りがシンプルで細かい作業もあまりありませんから、初心者に向いています。慣れてきたら、ギャザー入りや切り替えになっているもの、ウエストを紐で絞るタイプや、襟付き・ボタン付き、シャツワンピースなど、色々なデザインにも挑戦してみると良いでしょう。

また、チュニックもワンピースと同じ感覚で作れる大人服です。子どもが着るスモックのような形をした服ですから、お子さんとお揃いで作ってみても良いかもしれません。それから、トレーナーやカットソー、Tシャツといった普段着も、ミシン縫いなら短時間で作れます。

ユニセックスな色合いを選んで、旦那様の分も作ったり、夫婦でお揃いにしたりと、ぜひ楽しんで下さい。もちろん、お子様ともお揃いにして、家族全員で着るのも素敵です。カットソーは、生地によって色々なテイストを演出することが出来ます。例えば、シースルー素材を選べばフェミニンになりますし、綿を選べばオーソドックスで着回しが効くものになります。丸首やタートルネックなど、襟の形によっても随分と雰囲気が変わりますし、着こなし方にも幅が出てきますね。

また、カットソーの1種ですが「カシュクール」というものがあります。これは、襟元が着物のように打ち合わせの形状になった上着のことで、女性らしい体のラインを強調出来る服です。赤ちゃんがいらっしゃる場合には授乳服としても活用することが出来ますので、色違いで何着か作って持っておくと重宝します。

手作りの大人服は、市販品にはない優しい風合いが魅力です。お店で売っている服も良いですが、自分で作った服を自分らしく着こなせる女性って、異性から見ても同性から見てもとても素敵に映りますよ。

手芸ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ キルトとは

キルトには「ヨーロピアンキルト」「アメリカンキルト」「ボルチモア(バルチモア)キルト」「アーミッシュキルト」「ハワイアンキルト」といった様々な種類があります。 キルトの発祥とされているのが「ヨーロピアンキルト」です。ヨーロッパの寒冷地で生まれたヨーロピアンキルトは、保温のために布と布の間に綿をはさんだのが始まりと言われています。十字軍の遠征により、保温着用としてヨーロッパ各地に広まり、上層階級の女性達の趣味として色々な技法が生み出されました。その後、キルトの技術は清教徒のア

手芸ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。