'."\n" ?> ベビーグッズをミシンで| 手芸ナビ
トップ 手芸ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

手芸ナビミシンで作ろう > ベビーグッズをミシンで

ベビーグッズをミシンで

ベビーグッズをミシンでの画像

ミシン縫いだと、手作り出来るベビーグッズにも幅が出てきます。スタイやおくるみについては、手縫いよりももう少し凝ったデザインのものが作れるようになりますし、ロンパースや2WAYオール、カバーオールといった本格的なベビー服も可能になります。

ダブルガーゼやタオル地、オーガニックコットンといったデリケートな赤ちゃんにも安心して身に付けさせることが出来る生地を買ってくるのも良いですが、ママやパパのTシャツで着なくなったものがあれば、それをリメイクして作ることも出来ます。古着の布は、新品の布よりも柔らかくて肌触りが優しいので、デリケートな赤ちゃんにぴったりです。但し、化学繊維は低月齢の赤ちゃんには不向きで、肌トラブルの原因になることがあります。リメイクする際には素材に注意し、必ず綿100%のものを選ぶようにしましょう。

また、母子手帳ケースやおむつポーチ、マザーバッグ(ママバッグ・マザーズバッグ)といった手縫いで作るのはちょっと難しいアイテムも、ミシンだと簡単です。市販品でもおしゃれなデザインの物はたくさんあり、デザインも充実していますが、他のママさんが全く同じ物を持っていることも少なくなく、お互いに気まずい思いをしてしまうことも少なくありません。

特に、マザーバッグは赤ちゃんとお出掛けする時の必需品で人目にも付きやすいアイテムですから、オンリーワンの手作りマザーバッグで素敵なママさんを演出したいところです。マザーバッグと言っても、肩掛けタイプや斜め掛けタイプ、持ち手タイプ、トートタイプといった様々な形があります。全部のタイプを買うとなるとかなりの出費になりますが、手作りなら費用もさほど掛かりません。

その日の服装や外出先によって選べるように色々なデザインのマザーバッグを作って、おしゃれなママさんを目指しましょう。母子手帳ケースやおむつポーチとお揃いの生地で作ると、トータルコーディネートも出来て完璧です。

手芸ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 生地について

手芸をする際、忘れてはならないのが「生地」です。しかし、手芸店へ足を運ぶと様々な生地が売られていて、どれが良いのか迷ってしまいますよね。基本的な生地の性質を知っておくだけでも、随分と役に立つものですよ。手芸でよく用いられる生地としては「コットン」「コットンリネン」「キルティング」「タオル地」「ハワイアン生地」などがあります。 まず「コットン」というのは「綿」のことで、デニムやガーゼ、ワッフル生地などにも使われている素材です。耐久性や吸湿性、発散性に優れ、肌に優しいのが特徴で

手芸ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。