'."\n" ?> ベビーグッズを手縫いで| 手芸ナビ
トップ 手芸ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

手芸ナビ手縫いで作ろう > ベビーグッズを手縫いで

ベビーグッズを手縫いで

ベビーグッズを手縫いでの画像

今、妊娠されている方、もしくは赤ちゃんがいらっしゃるお母さんの場合には、手縫いでベビー服や赤ちゃんのおもちゃを作るという楽しみもあります。「手縫いでベビー服なんて」と驚かれている方も多いことでしょう。しかし、ベビー服はとても小さいので、ミシンよりも手縫いの方が向いているのです。

手縫いだと布が柔らかくなり、肌触りも良くなりますから、デリケートな赤ちゃんにも安心して着せることが出来ますよ。手芸の初心者の方にお勧めのベビー服としては「ベスト」や「ポンチョ」があります。

ベストはハンドタオル2枚、ポンチョはバスタオル1枚で簡単に作れますので、ご自宅の押し入れに眠っていたり、100円ショップやセールで売っていたりするタオルを使ってチャレンジしてみては如何でしょうか。また「スタイ」も、初心者にとって作りやすいベビーグッズの1つです。こちらもタオルを使って作る方法がありますし、インターネットやハンドメイド本、マタニティ本などでも型紙やレシピが手に入りますので、色々なタイプのスタイを作ってみると楽しいかもしれませんね。

慣れてきたら、レースを付けたり、アップリケや刺繍を施したり、オリジナルの飾りやマスコットをプラスしたりなど、アレンジをしてみるのも良いでしょう。それから「にぎにぎ」や「ガラガラ」、手首や足首に巻いて動かすと音が出るおもちゃなども、型紙やレシピさえ手に入れば、意外と簡単に作ることが出来ます。

生まれたばかりの赤ちゃんには「おもちゃを楽しむ」ということがまだ出来ませんが、何ヶ月か経つにつれ、音に反応するようになったり、握れるようになったり、さらには自分で動かして遊べるようになったりしていきます。そういった赤ちゃんの成長過程をお母さん自身が作ったおもちゃで確かめることが出来るなんて、何とも素敵な話だと思いませんか。その他、帽子やミトン、おくるみ、哺乳瓶ケースなども初心者に作りやすい構造のアイテムです。

手芸ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 子供服をミシンで

赤ちゃんから幼児になると、子供服も色々なバリエーションを揃えなくてはならなくなります。子供は外でいっぱい遊ぶのが仕事のようなものですから、毎日泥だらけになって帰ってくるかもしれません。「洗濯が間に合わず、着替えがない!」なんていうことにならないよう、子供服は時間がある時にミシンでダダーっと縫っておかれることをお勧めします。 最近は子供服をお安く売っているお店もありますから、そういった所で買うのも結構です。しかし、全部買った服ではなく、その中に僅かでもお母さんの手作り服がある

手芸ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。