'."\n" ?> 編み物とは| 手芸ナビ
トップ 手芸ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

手芸ナビ何から始める?色々な手芸 > 編み物とは

編み物とは

編み物とはの画像

編み物とは、糸から布、あるいは立体物を作り上げる技法全般を意味する言葉です。狭義では、糸を編んで布製品や衣類を作る「毛糸編み」を意味する言葉であり、一般的にはこちらの意味で捉えられています。ここでは、毛糸編みに限定して見ていくことにしましょう。

毛糸編みには「棒針編み」「かぎ針編み」「アフガン編み」といった種類があります。まず「棒針編み」とは、先端が緩やかに尖った棒針と言う器具を使って編んでいく方法です。基本技法として「裏編み」と「表編み」が存在し、この2つの編み方を組み合わせることで複雑な形状や様々な模様が出来上がっていきます。

棒針編みによって作られた編み目は細かくて伸縮性があり、優しい肌触りが特徴です。糸の隙間も出来にくいため、衣類全般によく用いられます。次の「かぎ針編み」とは、棒の先端がかぎ爪状になった「かぎ針」と言う器具を使って編んでいく方法です。かぎ針の太さは号数で表わされ、様々な太さがあります。号数が大きければ大きいほど太いということになりますので、覚えておきましょう。

「鎖編み」という編み方が基準となっており、独特の編み目が特徴的です。ただし、編み目に隙間が多いために、セーターや手袋、靴下などには向かず、マフラーや編みぐるみに適しています。最後の「アフガン編み」は、かぎ針と形状がよく似た「アフガン針」という特殊な器具を使って編んでいく方法です。織物のような、繊細で伸縮性の少ない編み目が特徴的で、小物類からバッグ、衣類まで様々な物に対応出来ます。

なお、上記の他にも最近では、編み物をより手軽に行なうために新しい技法が次々と考案されており、中でも最もよく知られているものに「指編み」があります。これは、棒針やかぎ針のような器具を使わず、指に毛糸を巻き付けていくだけで編み物が出来る方法です。ざっくりとした大きな編み目が特徴で、マフラーや帽子はもちろん、シュシュのような小さなヘアアクセサリーも簡単に作ることが出来ます。初心者の方は、まずは指編みから入ってみると良いかもしれませんね。

手芸ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ ベビーグッズを手縫いで

今、妊娠されている方、もしくは赤ちゃんがいらっしゃるお母さんの場合には、手縫いでベビー服や赤ちゃんのおもちゃを作るという楽しみもあります。「手縫いでベビー服なんて」と驚かれている方も多いことでしょう。しかし、ベビー服はとても小さいので、ミシンよりも手縫いの方が向いているのです。 手縫いだと布が柔らかくなり、肌触りも良くなりますから、デリケートな赤ちゃんにも安心して着せることが出来ますよ。手芸の初心者の方にお勧めのベビー服としては「ベスト」や「ポンチョ」があります。 ベストは

手芸ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。