'."\n" ?> 刺繍とは| 手芸ナビ
トップ 手芸ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

手芸ナビ何から始める?色々な手芸 > 刺繍とは

刺繍とは

刺繍とはの画像

刺繍とは、刺しゅう針と刺しゅう糸を使って生地にモチーフを施していく手芸の1種です。スパンコールやビーズ、金属、真珠等を縫い付けていく方法もあります。人の手で行なう手刺繍、機械を使って行なわれる機械刺繍、剣山のような特殊な形をした針を使って生地に糸を埋め込んでいくパンチニードルがありますが、ここでは一般的な手刺繍について見ていくことにしましょう。

手刺繍に用いられる代表的なステッチ(縫い方)としては「バックステッチ」「チェーンステッチ」「ブランケットステッチ」があります。まず「バックステッチ」は、手縫いで言うところの「本返し縫い」と同じものです。モチーフの輪郭や文字を描くのには欠かせない刺繍の基本であり、無地の生地にこのステッチを用いて半円形や円を描くだけでも、ちょっとしたワンポイントになります。

次の「チェーンステッチ」は、縫い目が鎖のような形に連なるものです。一見難しそうに見えますが、実は初心者でも簡単に覚えられるステッチですし、輪の大きさを揃えるだけで上級者のような美しい仕上がりになります。最後の「ブランケットステッチ」は、ブランケット(毛布)の縁かがりでお馴染みのもので、布端の縁取りによく用いられることから「縁取り縫い」とも呼ばれている縫い方です。2枚の布を縫い合わせる時や、ボタン穴の縁を縫う時にも用いられますので、覚えておくと何かと役立つことでしょう。

なお、刺繍には「フランス刺繍」「リボン刺繍」「中国刺繍」「日本刺繍」などの種類があります。一般的に私達が「刺繍」と呼んでいるのは「フランス刺繍」であり、ステッチの種類が豊富で、細かく使い分けられる点に大きな特徴があると言えるでしょう。「リボン刺繍」は、刺しゅう糸の代わりに「ヤーン」と呼ばれるリボンを用いるものです。他の刺繍よりも立体感がある仕上がりで、女性の服やバッグ・ポーチ類、アクセサリー、小物入れなどにもよく使われます。

「中国刺繍」は、民族や地域によって様々な種類の刺繍がありますが、最もよく知られているのは「蘇繍」という、江蘇省蘇州のものです。これはシルクを利用した両面刺繍であり、リアリティーのある繊細なモチーフに特徴があります。最後の「日本刺繍」には、京都の「京繍」、東京の「江戸刺繍」、金沢の「加賀刺繍」といった種類があります。これらのうち、日本伝統工芸としての認定を受けているのは唯一「京繍」のみです。

手芸ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 糸について

手芸でよく用いられる糸としては「手縫い糸」「ミシン糸」「しつけ糸」「刺しゅう糸」などがあります。 まず「手縫い糸」というのは、手縫いやボタン付けなどに使われる糸のことです。素材としては、綿、絹、ポリエステルなどが一般的ですが、初心者にはポリエステルが扱いやすく、便利でしょう。基本的には生地と同じ(もしくは近い素材の)糸を用い、薄い生地であれば細い糸、厚い生地であれば太い糸を選びます。太さは番号で表わされ、番号が大きくなればなる程「細く」なるので注意して下さい。 また「ミシン

手芸ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。