'."\n" ?> 和裁とは| 手芸ナビ
トップ 手芸ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

手芸ナビ何から始める?色々な手芸 > 和裁とは

和裁とは

和裁とはの画像

和裁というのは、裁縫の中でも特に和服を制作すること、及びその技術のことであり、洋裁の対義語として用いられる言葉です。洋服の場合には、身に付ける人がそれぞれのサイズに合わせた服を選びますが、和服の場合には男性用と女性用、そして子供用の3つの寸法に分けられているだけで、細かいサイズは着付けによって調節されます。

例えば、女性の場合、裾の長さは腰の部分で折り畳んで帯で締める「おはしょり」によって長さが調節出来ますし、ウエストは男女問わず帯締めによって自由に締めたり緩めたりが可能です。つまり、和服は洋服と違って細かくサイズ分けする必要がないという訳です。そのため、和裁では型紙がなく、反物の袖・身頃・衿衽の部分を折る「折り積もり」という作業を行ない、直接裁断していきます。

なお、反物というのは和裁の材料となる生地のことで、幅は36cm~72cm程度、長さは4m~26m程度あります。クルクルと巻かれた状態で販売・保管されており、メートル範囲で購入出来るのが一般的です。女性の和服を1枚仕立てるのには、およそ12m必要であるとされています。ただし、袴や足袋、及び下駄などの履物類の場合には、それぞれのサイズに合った物が作られていますので、自分にぴったりのサイズを選ぶことが可能です。

世界中で親しまれている洋裁と比べると、和裁はどうしても日本特有のものですから、技術を持つ人が限られています。そのため「和裁は専門的で難しい」「自分には縁遠い」といったイメージをお持ちの方も多いかもしれません。

しかし、和裁を専門的に学ぶことが出来る学校は、日本全国にあります。昨今、和服が見直されており、特に若い人を中心に和服ブームが起きていますから、興味のある方はぜひチェックしてされてみては如何でしょうか。和裁士(和裁技能士)という資格もあり、これを取得することでお客様から注文を受けた和服を仕立てたり、人に和裁を教えたりといった職業に就くことが有利になります。

手芸ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ ベビーグッズをミシンで

ミシン縫いだと、手作り出来るベビーグッズにも幅が出てきます。スタイやおくるみについては、手縫いよりももう少し凝ったデザインのものが作れるようになりますし、ロンパースや2WAYオール、カバーオールといった本格的なベビー服も可能になります。 ダブルガーゼやタオル地、オーガニックコットンといったデリケートな赤ちゃんにも安心して身に付けさせることが出来る生地を買ってくるのも良いですが、ママやパパのTシャツで着なくなったものがあれば、それをリメイクして作ることも出来ます。古着の布は、

手芸ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。