'."\n" ?> 洋裁とは| 手芸ナビ
トップ 手芸ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

手芸ナビ何から始める?色々な手芸 > 洋裁とは

洋裁とは

洋裁とはの画像

洋裁というのは、洋服あるいは洋風小物を作ることを目的とした裁縫です。また、型紙作りや裁断、仮縫い、本縫い、仕上げといったこれらの工程すべてを含んだもの洋裁であるとも解釈されます。

洋裁の分野としては、洋服や洋風小物を作る以外にも「刺繍」「毛糸編み」「アップリケ」「キルト」「レース編み」「織物」「リリヤン」「ビーズ手芸」「銀粘土」「ぬいぐるみ」「編みぐるみ」「ガラス工芸」「ペーパークラフト」等々、様々なものがあります。

特に、セーターやマフラー、手袋などを作る「毛糸編み」、子供の名前や好きなキャラクターを服や小物に縫い付ける「アップリケ」、ビーズを使って様々なアクセサリーや小物類を作る「ビーズ手芸」、子供から大人までが大好きな「ぬいぐるみ」や「編みぐるみ」は、私達の生活に密着したものであり、日々の生活を彩ってくれる役割をしてくれていると言っても過言ではありません。世代によっては「レース編み」や「リリヤン」を懐かしいと感じる方もいらっしゃるはずですし、最近流行している「キルト」をきっかけに手芸の世界に興味を持ち始めた方も少なくないことでしょう。

家庭科の時間にクッションやエプロンを作った方、慣れないミシンにドキドキしたり四苦八苦したりした経験のある方、学生時代に好きな人へマフラーを編んだ方など、洋裁には子供時代から青春時代にかけての淡い思い出も付きものですよね。

手芸が好きな方も嫌いな方も、洋裁に関するエピソードは尽きないはずです。女性同士、たまには洋裁のよもやま話で花を咲かせてみては如何でしょうか?きっと、今まで知らなかった相手の一面が見えてくることでしょう。

ところで、洋裁はいつ頃から始まったのだと思いますか?はっきりと洋裁がされていたと判断出来るのは、古代エジプト時代なのだそうです。当時の服は、ケープのように体へ纏う方式のものでしたが、それに刺繍を施したり、宝石のような装飾品を付けたりといった技術はあったと推測されます。現代のような立体裁断の技術が生まれたのは、13世紀のこと。まさしく、私達が今身に付けている洋服の起源は、この時代にあったと言えます。

手芸ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 子供服を手縫いで

赤ちゃんを卒業して1歳を迎えると「わんぱく」「おてんば」な幼児期に入ります。この時期になると、とにかく子どもはじっとしておらず、家でも外でも走り回って服を汚すものです。1日に何度も服を着替えさせなければならないこともあるでしょうし、洗濯機だって1日に何度回せば良いものやら……と途方に暮れてしまうこともあるでしょう。 こういう時期こそ、お母さんの出番です。子供服を手縫いで作ってみませんか?子供服ともなると、ミシンを使うのが一般的ですが、手縫いでも本格的なものを作ることが出来ま

手芸ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。